わたなべ動物病院公式フェイスブックページ

病院ブログ

猫ちゃんの特発性(=原因不明の)膀胱炎の予防法 ~猫ちゃんのストレス管理~

2015.02.09カテゴリ|ブログ

こんにちは、わたなべ動物病院の渡辺です。

以前に少しお話した特発性膀胱炎(=FIC)について書こうと思います。

 

FICとは原因不明の膀胱炎で、細菌は関与していません。

ストレスが発症に関与していると考えられています。

頻尿などの症状を示す猫下部尿路疾患(FLUTD)の3分の2近くはFICが原因と言われています。

 

そのため、ストレスの管理がとても重要です。

健康な猫ちゃんでも重要なことなので、是非ご参考ください。

 

おうちで出来るポイントです。

 

☆ストレス源を減らすこと

○罰を与えず、優しく接する

○生活リズムを整える(食事時間、遊ぶ時間を一定に)

○大きな音を避ける

・電子ブザーやベル音、雷音、人の声などを小さく出来るよう工夫する

○猫同士の関係をよくする ~いじめられる子を減らす~

・1頭1頭が落ち着ける場所、トイレ、食事場所、爪とぎ場所を設ける

・いじめっ子に鈴付きの首輪をつけ、他の子が気付いて、逃げられるようにする

・ネコちゃん同士を隔離する

 

☆猫ちゃんに優しい環境作り

○爪とぎ

垂直方向の爪とぎ棒、爪とぎパッドが猫ちゃんのストレス発散に有効です。

○3次元空間

キャットタワー・・・高く、滑りにくい布張りが良く、多頭飼育では1匹1匹のスペースが確保されるものがより良い。

○遊びや狩猟本能を満たす

・猫ちゃんは短時間の集中した遊びを好む→ ‘5分遊び、5分休憩、5分遊ぶ’ ×3回/日  するのが良い。

・明け方と夕暮れ時に遊ぶ(野生の猫ちゃんが狩猟を好む時間)

・狩猟本能を満たすため、猫コングなどパズルタイプの玩具でフード給餌をする(誤食する子は禁止)

・定期的に家具の配置転換、紙袋や段ボール箱を用意→新しい探索行動を楽しむ

○フェロモン

顔をこすりつけるときにも出ている親愛フェロモン製材を用いることで、ストレス軽減

 

☆不安を軽減する食事やサプリメント

L-トリプトファンやミルクタンパクは不安減少やストレス軽減との関連性が示されています。

 

人間同様ストレスのない生活はなかなか難しいかと思いますが、

これらの工夫をなるべくしていただき、猫ちゃんもストレスフリーな生活が出来るようにしてくださいね。

 

参考文献:ヒルズ 学術講演会資料

 

文責 渡辺 高司

もうすぐ試験!

2015.02.07カテゴリ|ブログ

こんにちは(=゚ω゚)ノ  わたなべ動物病院 動物看護師の平松です。

今年の最大の目標は2月にある動物看護師統一認定試験に合格すること。

昨年10月から角谷さんと猛勉強中です!!!

また、何か新しいことにチャレンジすることを考えています!(^^)!

第一候補としてはゴルフです(笑)

他にも演劇?やミュージカル、落語、歌舞伎などを観に行ってみようかな。とも思っています。

それに関連させてプライベートをもっと充実させること。

本年・・・私・・・本厄、真っ最中!!!

厄払いに良い物がありましたら是非教えて下さい(ノД`)・゜・。

 

最近、来院される患者様には消化器症状が多いように思えます。

夏の暑さと比べると寒さの方が適応能力の高いワンちゃんネコちゃんですが、普段過ごしている床面は私達が過ごしている空間よりも

2~3℃低いそうです。

ペット用のマットや、ヒーターを敷いてあげたりお散歩の際には小型のワンちゃんの場合お洋服を着せるなど工夫をして

まだまだ寒い冬を乗り切っていきましょう!

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

文責  平松  彩

 

迷子の猫ちゃん見つかりました&捕獲機の貸出について

2015.01.31カテゴリ|ブログ

こんにちは、わたなべ動物病院です。

1月16日に記載しましたロシアンブルーちゃんが見つかりました。

ご協力ありがとうございました。

 

ロシアンブルーの飼い主さんから、猫ちゃんを保護するために購入された捕獲機を当院に寄付していただきました。

写真はその捕獲機です。ご飯につられて、板を踏むと扉が閉まるようになっています。

(写真は当院看板犬ナナちゃんが入ってくれています。警戒心があり、自分では入りませんでしたが。。。)

IMG_0836IMG_0837

 

IMG_0840IMG_0841

 

ロシアンブルーの飼い主さんはこれで違う猫ちゃん(近所のノラ猫さん)を捕獲してしまったようで、性格によっては効果は抜群のようです。

 

猫ちゃんが逃げてしまい、お困りの際にはお声かけください。(一つしかありませんので、常にお貸しできないかもしれません。)

 

わたなべ動物病院

 

仔猫ちゃんの里親さんが見つかりました!!

2015.01.20カテゴリ|ブログ

こんにちは、わたなべ動物病院です。

2014年12月12日にブログに掲載しました仔猫ちゃんの里親さんが決まりました。

とても可愛がってくれそうな素敵なご家族で、保護主様も一安心されていました。

猫ちゃんを飼いたいと思っていた里親さんに掲示を見てくれた方から勧めていただき、今回の運びとなりました。

みなさまのご協力に感謝いたします。

ありがとうございました。

 

 

 

インフルエンザ(*_*)

2015.01.19カテゴリ|ブログ

こんにちは、わたなべ動物病院看護師 角谷です。

1月も気づけばもう後半ですね。もうすっかりお正月気分も抜けて

いつもの日常をお送りのことと思います。

我が家のお正月は、次女の高熱(後にインフルエンザと判明((+_+))、、、)に

始まりました。幸い家族には感染せず、私達夫婦と長女は元気に過ごせました(´▽`*)

まだまだインフルエンザも猛威をふるっており、全国的にも警報レベルですね。

みなさまもお気を付けください。

ワンちゃんネコちゃんには人のインフルエンザはうつらないの?と心配になられる

オーナーさんもいらっしゃると思いますが、ほとんどうつらないと言われています。

フェレットさんは感染する可能性があります。でもフェレットに対するワクチンは今のところ

ないので、乾燥を防ぐことや、インフルエンザに感染している人、フェレットと隔離することが

一番のようです。

まだまだ寒い日が続きますが、体調など崩されないようお気を付けください☆

 

文責 角谷 美佳

PAGE TOP