わたなべ動物病院公式フェイスブックページ

院長ご挨拶

飼い主さんと動物さんが相互に良い関係を築くお手伝い

はじめまして、わたなべ動物病院院長の渡辺高司です。
大学卒業後、大阪の動物病院、岐阜大学腫瘍科研修医、京都中央動物病院副院長を経て、2014年6月に大東市で動物病院を開業することになりました。

常にワンコを飼育している環境下で育ち、隣に動物さんがいるのが当たり前の生活を送ってきました。中学の時に飼っていたミニチュアピンシェルが体調を崩し、動物病院に行き、丁寧に診ていただきました。その時から、将来は獣医師として病気の動物さんを治すことを夢見るようになりました。獣医師として8年働き、様々な経験を経て、自分自身の理想の病院を開設したく思い、開業を決意しました。
動物病院は動物さんの健康を維持するために、予防や診断・治療を行うのはもちろんですが、飼い主さんと動物さんが相互に良い関係を築くお手伝いをすることも重要と考えています。そのため、飼い主さんに情報を発信しながら、コミュニケーションをとり、動物さんの健康を維持することで、地域社会に貢献できればと考えています。

獣医師・院長 渡辺 高司

優しくつつみ込めるような医療を提供したい。

当院のイニシャルWでワンちゃん、ネコちゃんを優しくつつみこんだロゴを作りました。
飼い主さんと動物さんに寄り添った優しい医療を提供したい、動物さんとその横にある飼い主さんの笑顔を守りたいという気持ちを持ちながら、このロゴが示すような優しく、つつみこめるような医療を提供したいと考えています。

院長の経歴

  • 1980年大阪府門真市で生まれ、門真市立沖小学校、門真市立第二中学校、私立清風高校を卒業。
  • 岐阜大学獣医学科に入学。4年時から外科学講座に所属し、軟部外科や整形外科、歯科の経験を積む。
  • 大阪の動物病院勤務の後、岐阜大学腫瘍科で腫瘍の診断や外科的治療、抗がん剤治療、放射線治療に従事する。
  • 京都中央動物病院では診察全般(予防・皮膚科・眼科・内科・避妊手術等)を行うが、特にエコーでの診断(心臓疾患、腫瘍性疾患)を数多く行う。4年目からは副院長として、内視鏡処置や緊急手術も行う。
  • 現在、自宅では雑種猫1頭、門真市の実家ではブルドッグ2頭、雑種犬1頭と共に暮らしています。

これらの経験を活かして、多くの動物さん、飼い主さんの幸せに貢献できればと考えています。

スタッフ紹介

平松彩

人と動物とお話するのが大好きです。今はトイ・プードル3匹と野良出身の猫2匹、訳あって里子で引き取ったスコティッシュとペルシャ4匹の計10匹の母です。
大学時代のバイト先の友達がトリマーでプードルのカットを可愛くしていたのを見てトリマーの専門学校へ。B級ライセンス取得しました。
些細なことでも何か不安や疑問があればお尋ねください♪一緒に解決出来るよう努力は惜しみません。宜しくお願い致します。

角谷 美佳

大阪市内で約10年間動物看護師として働いていました。一時は現場を離れましたが、ご縁があり、わたなべ動物病院で働くこととなりました。今までの経験を活かし、その子その子に合った対応をし、リラックスして診察を受けられるように頑張りたいと思います。また、飼い主様が思ったことや不安なことなど何でも話していただけるような環境を目指します!!
よろしくお願いします。二人の娘の育児にも奮闘中です☆

長尾理奈

初めまして。私は小さい頃から動物が好きで今まで犬・猫・ウサギ・インコ・鴨・ハムスターとたくさんの動物を飼っていました。今は昔に比べると少なくなりましたが、ポメラニアンを4匹飼っています。全員女の子でムース13才(クリーム色)、シフォン8才(ブラック色)、ミルフィー5才(ホワイト色)、ココア4ヶ月(チョコレート色)です。最近来たばりのココアがすごくやんちゃで可愛く癒されています。
まだまだ未熟な私ですが日々勉強し、患者様と動物さんたちの心の支えになれる看護士を目指して頑張ります。

PAGE TOP