わたなべ動物病院公式フェイスブックページ

アニコム

アイペット

病院ブログ

子宮蓄膿症って??

2020.01.11カテゴリ|ブログ

こんにちは。わたなべ動物病院看護師石原です。

 

今年からブログで病気やデイリーケアなどのことをお伝えできたらと思っております。

 

女の子で前の生理から1か月も経たず陰部から液体が出ていて、水飲む量が増えた・元気がないなどありませんか

その場合、子宮蓄膿症の可能性があります。

その名の通り子宮に膿が溜まる病気です。

症状としては、陰部から膿が出る(出ない子もいます)、多飲多尿、食欲不振、元気消失、嘔吐などがあります。

避妊手術をしていない年寄りの犬に多く「ずっと来ていなかった生理が急にきた」という症状で来院されることも多いです。

犬だけではなく、少ないですが猫もなる病気です。

治療法は基本的には手術で子宮、卵巣をとってしまいます。

この病気は避妊手術(子宮及び卵巣摘出手術)をしていれば避けられる病気です。

子どもを望まなければ避妊、去勢手術を受けることをお勧めします

PAGE TOP