わたなべ動物病院公式フェイスブックページ

アニコム

アイペット

病院ブログ

産休のお知らせ

2020.06.27カテゴリ|ブログ

こんにちは、わたなべ動物病院看護師橋本です。

私事ですが、この度7/2から産休、育児のため長期にわたりお休みを頂くことになりました。

戻ってきた際は、またご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

石原も産休中のためスタッフが2人減りますので、皆様をお待たせしてしまうことが予想されます。

恐れ入りますがご了承ください。

ではまた皆様とお会いできることを楽しみにしています。

ゴールデンウィークの休診日のお知らせ

2020.04.20カテゴリ|ブログ

こんにちは。

わたなべ動物病院看護師の高橋です。

 

ゴールデンウィークの休診日のご案内です。

2020GW休診日

期間内の診察日については、

5/1(金)9:00~12:00、16:00~19:00

5/2(土)9:00~11:30、12:30~14:30

上記の通り通常の診察時間となっております。

ゴールデンウィーク期間は業者がお休みになる為、ごはんのご注文はお早めにお願いいたします。

 

 

また、新型コロナウイルス感染予防の為、当院にお越しの際は

院内への入室は3組(1組につき2名様)までとさせていただきます。

大変恐れ入りますが、入室される方以外は

受付後院外または車内にて

お待ち頂きますようよろしくお願いいたします。

(メールでのお呼び出しの場合は外出されてもかまいません。)

 

 

4~5月は狂犬病予防接種やフィラリア予防、ノミ・ダニ予防を始めたいただく時期の為、

大変混み合いやすくなっております。

病院でお待ちいただく時間を減らすために

是非WEBでの順番予約をご利用ください。

 

ご理解とご協力の程宜しくお願いいたします。

 

web受付始めました

2020.03.18カテゴリ|ブログ

こんにちは。わたなべ動物病院、看護師石原です。

最近寒かったり暖かかったりで春が近づいてきている感がありますね。

実は先週の水曜日から受付システムが変わりました。

直接来院の場合は受付台のパネルで順番をとってください。

またホームページからも順番をとることができますので是非ご活用ください。

web受付の時間は

<平日> 午前9:20~11:20/午後4:20~6:20

<土日> 午前9:20~11:00/午後12:30~1:30

上記以外の外来受付は直接病院へお越しください。

順番が近づいたらメールを送信しますが、

メール送信してから30分経過しても来院がなければ受付が取消になりますのでご注意ください。

 

フードについて 総合栄養食って何?

2020.02.03カテゴリ|ブログ

 

こんにちは。わたなべ動物病院看護師の小林です。

今回はペットフードのことについてお話ししたいと思います。

まず最初に「総合栄養食」という言葉をご存知でしょうか?

総合栄養食とはわんちゃんやねこちゃんに毎日の主要な食事として与えることを目的とし、

このペットフードとお水だけで健康維持や栄養バランスのとれるペットフードのことです。

今与えているペットフードに「総合栄養食」と記載されているか、

ぜひ、ご確認してみてください!

「総合栄養食」と記載されていないペットフードを与えて続けると栄養が不足し、

健康維持ができなくなってしまう原因にもなりますので、

切り替えることをオススメします!!

フード選びのポイントとしては、与え始めてから1ヶ月後の毛づやが良くなったり、便の量や回数が少なくなったのであれば

フードが合っているということなのでよく見てあげてくださいね!

 

次に「療法食」とは…

治療を補助する目的として与えられるペットフードのことですので

必ず定期的に獣医師にご相談のうえ、与えてください。

今はネット等で簡単に手に入ると思いますが、治療が必要でないわんちゃんやねこちゃんに

与え続けると必要な栄養が足りなかったり、摂り過ぎてしまったりする場合があるので

こちらも早めに変えてあげてください‼

ご飯について気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

 

子宮蓄膿症って??

2020.01.11カテゴリ|ブログ

こんにちは。わたなべ動物病院看護師石原です。

 

今年からブログで病気やデイリーケアなどのことをお伝えできたらと思っております。

 

女の子で前の生理から1か月も経たず陰部から液体が出ていて、水飲む量が増えた・元気がないなどありませんか

その場合、子宮蓄膿症の可能性があります。

その名の通り子宮に膿が溜まる病気です。

症状としては、陰部から膿が出る(出ない子もいます)、多飲多尿、食欲不振、元気消失、嘔吐などがあります。

避妊手術をしていない年寄りの犬に多く「ずっと来ていなかった生理が急にきた」という症状で来院されることも多いです。

犬だけではなく、少ないですが猫もなる病気です。

治療法は基本的には手術で子宮、卵巣をとってしまいます。

この病気は避妊手術(子宮及び卵巣摘出手術)をしていれば避けられる病気です。

子どもを望まなければ避妊、去勢手術を受けることをお勧めします

1 / 2012345...1020...最後 »

PAGE TOP