カテゴリ

わたなべ動物病院公式フェイスブックページ

アニコム

アイペット

病院ブログ

年末年始のお知らせ

2021.12.03カテゴリ|お知らせ

こんにちは。わたなべ動物病院看護師伊藤です。

12月突入し寒くなりましたね🥶

うちにはモルモットがいるのですが、ヒーターとお友だちになっております🐹

ここで年末年始のお知らせです。

年末年始は下記のように診察いたします。

12月28日(火)までは通常通り

12月29日(水)午前中のみの診察

12月30日(木)から

1月3日(月)まで休診

1月4日(火)から通常通り

フード、お薬などはお早めにご注文ください。

また、年内最終日や年明け初日は大変混雑する可能性がございます。

何卒、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

12月1月院長お休みのお知らせ

2021.12.01カテゴリ|ブログ

こんにちは🐶😸わたなべ動物病院看護師伊藤です。

ついに12月に入りましたね🥶今年も残すところあと1か月となりました。

ここでお知らせです!

先日もお伝えしましたが、

12月11日㈯、12月26日㈰は

院長お休みさせていただきます

12月院長休み

また、1月ですが

1月16日㈰、1月29日㈯は

院長お休みさせていただきます。

1月院長休み

これらの日は獣医師一人で診察を行いますので

いつもより長くお待たせする可能性もございます。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします

耳掃除について

2021.11.29カテゴリ|ブログ

一段と日が暮れるのが早くなり、朝晩の冷え込みも厳しくなって来ましたね!

わたなべ動物病院、看護師の菊田です。

私の家の猫たち(=^・^=)はこの寒さで最近こたつから出てきません(;^ω^)

さて今回は耳掃除についてです。

犬ちゃん、猫ちゃんは全身に毛がたくさん生えています。

勿論、耳にも毛があります。

人間の様に毛がほとんど生えてなく、つるつるしていればいいのですが、毛がある犬ちゃん、猫ちゃん(特に耳が垂れていて、耳穴を塞いでいる)は湿度などで蒸れて殺菌が繁殖しやすくなっています。

そのまま置いておくと、雑菌(マラセチア(真菌の一種)など)が増殖し、外耳道の炎症を起こしてしまいます💦

それが外耳炎です。

外耳炎を予防する為に、外耳道を清潔に保てる耳掃除が必要になるということです。

耳掃除にはいくつかやり方があり、

①耳掃除シート

市販で販売されている、ウェットシートです。

耳の皮膚と外耳道の入口を拭いてあげましょー。

奥の方はだめよ

②洗浄液

耳専用のイヤークリーナーです。

耳道の6分目ほど(水面が見えるくらい)耳に入れ、耳の根本を指先でつまんで数回揉んであげましょう。

その後、顔から手を離すとブルブルッと顔を震わせるので、その時に洗浄液や汚れなどが外に飛び出します。

(※汚れなどが飛び散る為、お風呂場などでしてもらうのがお勧めです(;^ω^))

汚れを無理やり取ろうとして、綿棒などを使ってしまうと耳の中を傷つける恐れがある為、使用は控えましょー!

また綿棒使うと耳垢を耳の奥に押し込んでしまうよ。

全ての犬ちゃん・猫ちゃんに必ず必要ということはなく、綺麗な子もたくさんいます。

まず、耳を観察してみてください。

・良く首を振る

・良く足で耳を掻く

・近づくと耳から臭いがする

などがあれば、耳掃除が必要かもしれません。

耳掃除が必要な場合、度合いには寄りますが、1か月に1~2回綺麗にしてあげましょー!

犬ちゃん・猫ちゃん、大人しく耳掃除をされてくれる子もいますが、中には嫌がって上手くできず、傷つけてしまったり、反対にかみついてきたり、引っかかれてしまったり・・・ということもあります。

そんな時は、トリミングや、動物病院に行くことをお勧めします。

外耳炎も酷くなればとてもつらい病気です💦

ちょっとしたケアーなどで大切な犬ちゃん・猫ちゃんが健康で幸せに過ごせるようにしてあげてください(^_-)-☆

本格的な冬に向かってまだまだ寒くなるので、お体に気を付けて、楽しくお過ごしください(^^♪

小池獣医師のシフト変更について

2021.11.08カテゴリ|お知らせ,ブログ

こんにちは。わたなべ動物病院看護師伊藤です。

少し先の話になりますが小池獣医師のシフト変更についてのお知らせです。

12/13㈪→お休み

12/14㈫→出勤

に変更になりました。(小池獣医師は基本火曜日がお休みです)

12/13(月)は院長一人での診察ですのでいつも以上にお待たせする可能性がございます。

ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ござません。

ご理解の程よろしくお願いいたします。

栄養について

2021.11.08カテゴリ|ブログ

こんにちは。わたなべ動物病院看護師伊藤です。

11月に入りましたが日中はぽかぽか陽気ですね。
まさに絶好の行楽日和!秋も深まり紅葉も進んでいるようです。
紅葉の秋、読書の秋、食欲の秋!!ということで今回は動物の『栄養』についてのお話です。

そもそも栄養とは何か?
食物に含まれている様々な物質で身体を作ったり、生命活動を維持したりする重要なものです。

三大栄養素と呼ばれる『炭水化物』『タンパク質』『脂質』、五大栄養素になるとそれに『ミネラル』『ビタミン』が加わります。
更に『水』も加え六大栄養素と呼ぶこともあります。

各栄養素について説明すると

※炭水化物・・・糖質とも呼ばれ主にエネルギー源になります

※タンパク質・・・主に筋肉、血液、臓器を作ります

※脂質・・・こちらもエネルギー源になります

※ミネラル・・・身体の調子を整えます

※ビタミン・・・こちらも身体の調子を整え脂溶性水溶性が存在します

※水・・・体重の約60%と占める重要なもので体内で多くの役割を果たしています

これらの栄養素はわんちゃん、ねこちゃんにも全て重要です。

但し食性が

犬・・・ほぼ肉食に近い雑食性

猫・・・肉食性

ということもあり必要な栄養バランスは異なります。

ではどのようなフードを与えるべきか?

それはズバリ『総合栄養食』と記載されているフードです。

詳しくは過去のブログに掲載しております。

フードについて 総合栄養食って何?
https://watanabe-animalhospital.com/%e3%83%95%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6.html

今一度おうちにあるフードのパッケージをご確認ください。

不明点などございましたらお気軽にご相談くださいね。

PAGE TOP